2011/09/02

新聞読んだら(2)

こっちは地域性の関係で1日遅れか(苦笑) 記事はこちら

いやぁ、気持ちは分かる。読んでみたい気もする。しかし・・・画風が合わないと思うんですが、、、そう思うのは私だけ・・・? どうせ「史実をもとにしたフィクション」なんだから、全部萌えキャラにしてしまった方がウケるような気がします(爆)

新聞読んだら(1)

珍しくゆっくり新聞を読んだので(苦笑) 該当記事はこちら

え~と、今さら「マスコミは中立だ」なんて思ってる方がどうかしてます。識者コメントにもあるように、「韓流推し」なのは視聴率が取れるから。逆に視聴率が取れるのであれば、TV局はすぐに「その系統」の番組だらけになります。たんなる市場原理なんだから、デモっても何ら意味がないような・・・(あ、行動を起こしたことでカタルシスを得られる効果は否定しませんので、社会や世間に迷惑をかけない範囲でやっていただくのはまったく問題ないですが)

2007/11/18

鉄腕逝く

稲尾和久氏死去のニュース。私はi-modeのニュースで知ったのですが、翌日の新聞朝刊はなんと1面の記事になっていました。当然、私は氏の現役時代は知りません(生まれる前の話ですし)が、数々の記録と共に語り継がれる大投手ですから、いろいろな伝説も読み物では知っています。九州地区の古い野球ファンには大ニュースなのだと思います。
で、ここからが本題。
そのニュースを受けて、今朝のサンデーモーニングで、投手の分業制等プロ野球も様変わりして、当時とは趣が変わった、という趣旨のVをやっていました。その中で、昔は先発完投し次の日も投げることは普通にあった、一方で、今年の日本シリーズの山井投手の交代劇を引き合いに出し、記録よりも勝負を優先かと賛否両論みたいな扱い方をしていたのですが、これ、周知の通り、分業云々とは関係ない話なのですよね(山井投手は負傷をおして投げていたのでした…) 趣は確かに変わったのでしょうし、稲尾投手のような記録はもう出ないでしょう。
だからどうした。というのでしょうか?
その後もコーナーでは、新幹線が早くなって駅弁を買ったり車窓の風景をスケッチしたりする趣も失われた、とかいろいろ言ってましたが、じゃあ便利さを捨てて昔にもどれというのでしょうか?
正直何が言いたいのか分かりませんでした。
ときどきこういう意味不明なキャンペーンもどきってありますよね。。。卑しくも全国放送なんだから、何が言いたいのかくらいははっきり伝わらないと、公共の電波使ってまで流す意味ないと思うのですが…。

2007/07/04

爆弾発言で失脚

防衛庁長官改め防衛相が発言の責任をとって辞任。いつもいつもこれ言ってるような気がしますが、後から謝罪するくらいなら言わなきゃいいのです。本心では間違っているとは思っていないから、平気で「失言」をするようになるんです。
今回の発言だって、文脈とは関係なくセンテンスだけを取られて批判されている点には同情しますが、それにしても「しかたがない」は核被爆国の国民の代表たる政治家としてはやはり失言だと言わざるを得ません。ましてご本人は、直接長崎市がではないとはいえ、長崎県が地元。余計に反発を買います(という意味では、現在の自民党幹事長も直接地元ではないとはいえ広島県選出、いったんは擁護する発言をしてましたが、かばいきれませんわな)。。。
まぁある意味、歴史観の問題ですから、内心でどう思っていようと勝手だとは思います。全地球規模で見れば、この世界観のほうがグローバルスタンダードなのかもしれません。しかし、核兵器の非人道性を強く訴えることができる唯一の国の国民の代表としてそういう人を選んだ、という選挙民は情けなく思っているに違いありません。
あ、いや、それよりも軍需産業が栄えて仕事がたくさん増えるほうが良いと思っている人のほうが、ひょっとして多数派なのかしらん?それはそれで、ちょっと恐ろしいものを感じてしまいますが・・・

2006/11/19

お好み焼きの正しい焼き方

一昨日、珍しく夜テレビを見ていたら、東京のとあるお好み焼き店を紹介していました。いわく、本場広島のそれを超えた味、とか。で、見ていると、「なんとここではソース焼きソバにしないんです!!」と、ソバを塩と鶏がらスープで炒めるところを御大尽に語っていましたが、それって普通じゃないの?、てか、ソース焼きソバにしてしまって重ねるのは邪道だってば、と私一人でツッコミを入れてしまいました。
私の思う「正しい」手順は以下の通り。
 (1) 鉄板に油を引いて生地を薄く延ばす
 (2) 魚粉をふってキャベツ、モヤシ、ネギ、天かす、肉他、を重ねる
 (3) ここで塩コショウして生地を流しかけひっくり返す
 (4) 押しをしつつキャベツに火を通す
 (5) 横でソバを炒める。味付けは塩コショウだけ
 (6) ソバをまとめて上に(4)を重ね、一体化させるようまとめる
 (7) ひっくり返してソースを塗って仕上り
卵入りだと、(6)(7)の間で卵を割って伸ばし、そこに(6)を置く、という手順になりますか。
ソース焼きソバにしちゃあ、モダン焼きになっちゃうじゃないか!と怒りを覚える私って、変でしょうか?それとも私のほうが邪道???

ちなみに、世間的に当り障りのないお好み焼きの「正しい作り方」はこちらに載っていますが、見事にソバをソースで味付けする…って書いてある・・・これってソース屋の陰謀か?

2006/10/01

国民的行事???

前にも書いたような覚えがあるのですが、吉野家問題。昨日から期間数量限定で牛丼を出し始めてるらしいんですが、ウチからもっとも近い吉野家の前を通るとなんと店の外にまで行列が…(^^; そんなにみんなアレが食いたいか?というか、そんなにみんな好きだったのか?一連の輸入停止騒動以降の報道の頃からずっとですが、なんか非常に違和感を覚えます。個人的にはファンなので、完全復活したら行こうかとは思っていますが、なんだかなぁ、です。

2006/09/26

新たなブームの到来

かつてこんな文章を書いたことがあるのですが、最近また同じようなウェーブがやってきて(苦笑)、世はまさに「飲酒運転告発ブーム」です。私の会社、内規で飲酒運転で告発・逮捕されたら懲戒免職…もとい解雇、になりますが、そういう規定のない職場(とくに公務員関係)がけっこうある、というのも驚きですし、これだけブームになっているのに毎日毎日新たなネタが出てくる、ということは、裾野は予想以上に広いのではないか、と非常に心配になります。勝手に事故って自滅してくれるならまだしも、巻き込まれるおそれがある、というのがちょっと他人事ではありません。
といいつつも、今私の興味は「測定器の不調による冤罪」が発生するのではないか、という懸念です。されてもいない痴漢を告発して相手を窮地に陥れる、あるいは、何でもかんでもセクハラ告発する、ような不当行為も見られる昨今、これくらいの策略が警察(あるいはそれを利用した何物か)でなされたとしてもまったく不思議ではありません。疑われるような行動をしない、のがいちばんなんですけどね。ま、私は究極に酒弱いので、飲んだらどうやっても乗れませんが(失笑)

2006/04/05

サーバーの調子が悪いぞー

先日のモブログ投稿失敗もそうだが、今日もやたらとサーバーが重く、アクセスに難儀している。「お知らせ」を見るとなんかメンテでやらかしているらしいけど、いい加減にしてくれ、って感じ。フリー化の頃から、NIFTYにはかなり愛想が尽きた感じです。。。

2005/09/08

子育て支援

今回の選挙のひとつの争点になっているようですが、各党が掲げる少子化対策はどうも論点がずれているような気がしてなりません。経済的な事情が最重要と捉えている分析が多いですが、それは一面に過ぎないと個人的には思います。我が家も夫婦に子供一人なので少子化社会に対してまったく貢献していません。が、よっぽどのことがなければ我が家はもう家族は増えないと思われます。理由は、カミさんの社会復帰の問題。本人は仕事をしたいという願望をずっと持っているのですが、妊娠出産の身体的心理的負担を抱えたまま仕事は続けられない、そんな無責任なことはできない、といっていわゆる産休を取ってしまうとキャリア的には停止して人生に大きな穴があいたような気がする、と言っています。昨今の日本の経済状態、あるいはもっと観点を広げると、自己責任の範囲を拡大して小さな政府を目指す社会情勢の中では、企業の経済活動もより従業員に厳しい方向に進み能率が落ちる社員は抱えていられない、という方向に向かわざるを得ません。女性の社会進出が思うように進まない遠因もこのへんにあるような気がしますが、ともかく、補助金や控除を増やしたところで、我が家の「もう一人」にはおそらく貢献しないでしょう。実際に経済的負担が重くて子作りをためらっている人の背中を押すことにはなるでしょうが。
なぜ突然こんなことを書き始めたかと言うと、珍しくちゃんと見ていた報道ステーションで少子化対策への取り組みの事例を紹介していたから。愛知県刈谷市の、市民・行政・企業が一体となって取り組むシステムらしいのですが、これ、重要な観点が抜けています。気付いた方もおられるかもしれません。刈谷市といえば、トヨタ自動車の関連企業が多く街全体の景気が良いところなのです。そういう地域でないと、いくら行政が音頭を取っても、市民・企業の協力は得られませんし、行政も税収が上がらないと手も足も出ないのではないでしょうか。逆に言えば、そういうバックグラウンドでうまくいっている事例を紹介しただけであって、実はほとんどの日本の自治体ではやりたくでもできない状態なのだろうと思うのです。経済的側面、あるいは、地域ぐるみという側面、どこかを切り出したってうまくいかないのであって、総合的視点でもってどういう社会にしたいのか、その展望を政治が国民に見せられない限り、少子化は止まらないのではないかと思います。
思い切ってショック療法を訴える政党・団体があってもいいと思うのですが、一般の支持を取り付けられなさそうなのでなかなか出てこないですね。具体案いくらでもあって、既婚世帯の出生率が伸びないなら未婚の母を奨励し非嫡出子を逆に優遇する政策、とか、結婚しないある年代以上の個人や結婚してずっと子供がいない世帯に重く課税する、とか、戦争を始める、とか。言うのは簡単ですがとても現実的でないです。
我が家の場合、具体的にどうしてくれればよいか、と思うと・・・経済的に右肩上がりを諦めて均衡発展型の社会に全体がシフトしてくれない限り、カミさんの悩みは解消しないわけで、こんな政策誰も支持しないですよね。

・・・私いつも散々政治の悪口を言っていますが、ここで述べた事例に限らず、実際に実現するのはちょっと考えただけでも非常に難しい。だから決して自分でやろうとは思いませんし出来るとも思えません。内容はともかく、その責任を「引き受けてやろう」という人がたくさんいるのですから、少しでも自分の思いに近い人を、少しでも実現に近い形で政治の世界に送り込んでやりたい、と思うのですが、いかんせん自民党と民主党の争いでは、どちらも思う世界には程遠く。。。これもまた悩みが深いです。。。

2005/07/05

超法規的出来事

昨日からスポーツニュースは長嶋茂男氏東京ドームへ登場の話題で持ちきりである。氏が倒れて以来、今日の病状が連日新聞報道されるなど、ほとんど昭和天皇と同じような扱い。まぁ日本が平和である証拠だと言えなくはないが。
長嶋茂雄氏については、実は私は何の特別な感傷も持たない珍しいタイプのプロ野球ファンである。あたりまえである、私が物心付いたときには氏は既に巨人軍監督だったわけで、伝説の現役時代はまったく知らないので無理もない(その意味ではむしろ王貞治氏のほうが私にとっては馴染み深い)。まして野球ファンでもなんでもない多くの人々にとっては、単なる人気のあるおじさん以外の何者でもないのではないだろうか。それでもここまで圧倒的に支持されるのは、ひとえに「それは長嶋だから」としか言いようがない。よく引き合いに出されるエピソードで「職業:長嶋茂雄」と自身で書いたというのがあるが、ご本人もよく認識されているというかなんというか(笑)。プロ野球界のため及び五輪代表監督として早期の復帰を、という声も多数報道されているが、考えてみればもう60代後半の十分なおじいちゃんである。もう少しゆっくりさせてあげたら?というのが、特別な感傷のない一市民の意見である。
そういえば某BBSで昨日のナイター中継を称し、「まるで天覧試合だ」と論評した人がいたが、まったく同感である(ちなみに「おまえは天覧試合を見たうえでものを言っているのか」と厳しいツッコミを返されていたが(笑))。全ての野球人・プロ野球ファンを黙らせてしまうのだから、そりゃもう超法規的措置以外の何物でもない。世間の常識は通用せず、本稿冒頭でも書いたように、こうなるともはや天皇と同じである。なんか違うような気がするのだが。。。

こんな試合に間違って勝ってしまう我らがカープもちょっとかわいかったりして(苦笑)

より以前の記事一覧

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ