2021/03/30

IPv6・・・

休眠ブログを起こす、その1(苦笑)

2月の末に突然Niftyからメールが来て、3月になったら順次勝手にIPv6サービスに切り替えるとのこと。

方式が変わると通信できなくなるのではないかと思っていて、今まで遅いのも我慢してやってきたのだが、案内されていたサイトを読むと、どうやら末端側は何もしなくて良いらしい。料金も不変、影響が出る可能性のあるサービスやソフトも使ってないし、ということで放置していたら、先週「切り替わりました」という次報が到来。その時点でまだ東京にいたので、自宅の方で「つながらなくなった!」とか苦情が出ていないか若干不安に思っていたら、全く問題なし。自宅に戻って自分の端末から通信してみると、確認サイトではたしかに「IPv6で接続」の表示が。

試しにスピードテストを走らせると、夜間でも、上りも下りも200Mbps以上という、ここに引っ越してきてからかつて見たこともない数値が。昼間は100Mbps近く出るので、てっきりマンションの共用回線が混んでるから速度が出ないのであって、プロバイダのせいではないと思っていたのだが、実はそうではなかったということが判明(だったら、さっさとプロバイダ変えればよかった・・・)

 

2017/10/20

フレッツの切り替え

半年以上ぶりの更新。Facebookをメインにするようになったので、このブログは読者がいない、ということで放置になってましたが、こういう記録はやっぱりここでするしかないので。

自宅で使ってる光回線(フレッツ光プレミアム)が、サービス休止になるとのことで、代替プランに切り替えを、というメールが何度か来ていて、そのたびに、会員登録が完了していないので申込ページに入れません、が続き、パスワードの再発行を依頼すると「登録されているメールアドレスは無効です」とか言われて、完全にやる気を失していたのですが、夏休み頃にようやく思い立ってNTTに電話し、新たなユーザー登録をすませ、サービスの切り替えを申し込んだのが先月の話。でもウチの場合、宅内工事が必要、ということで工事日が今日まで延び延びになってて、やっと切替工事が終わりました。

が、ここからが大問題でした。なにせネット接続ができない。

続きを読む "フレッツの切り替え" »

2017/05/02

さらば、Widows Vista

スマホが来たので時間の問題と思われていたPCの差し替え。
この連休中にやろうと思って、保管場所をあけるためにクロゼットにしまわれてたマンガや積読の本をブックオフに売り払い(苦笑)、ウィルスバスターのシリアルを書き留めるために旧PCに1ヶ月ぶりに電源投入。。。ん?うんともすんともいわず起動しない。どうもとうとうお亡くなりになったようで。


差し替えPC作っておいて良かった・・・


シリアルは、購入当初の箱(2000年版ですよ!骨董品!)を引っ張り出してきて、なんとか入れ替えに成功。HDDを抜き取り、ホコリをふき取って、クロゼットの奥で眠りについてもらうことになりました。いつの日か、中身を入れ替えて再起動してやろうと思いますが、死亡原因がボードなのか電源なのか分からないので、前書いていた「電源を流用してもう1台」は厳しいかもです。抜き取ったHDDは、最初の換装時にデータコピー用に購入したケースに納めてUSB接続・・・っとケーブルと電源コードが行方不明。。。けっこう探しました・・・(ありましたけど)

今まではPCデスクの下の棚に横置きで使っていましたが、場所を机上に移すために、縦置きに変更しました。しかし、前面でも背面でもUSBを抜き差しすると、HDMIの信号が切れる。。。なんじゃそれ。まさかSSDを内部で固定していないことに起因するとは思えませんが、この不安定さはちと気になります。モノリスが高さで2/3程度になったので、画面に向かって座っているときの圧迫感がかなりなくなりました。ファンがうるさいのがちと難点(これは、無駄にケースファンを奢ったからで自業自得ですが)

しばらくはこの体制でやっていくことになります。さて、もう1台、どんなの作ろうかな(^^;

Dsc_0118_

2017/02/26

HDD増設

気が付いたら今年の初更新(苦笑) Facebookの方では働き方改革に関して毒を吐きまくってますが、地味にPC環境のほうに変化があり、ようやくこの週末で落ち着いたので記録。

見るともう2年半くらい前に不調、と言っていたバックアップ用の外付けHDDですが、一度全体をコピーしてみたところ、ところどころファイルが脱落していて、調べると代替不良セクタがいっぱい・・・(苦笑) 仕方なく、だましだましバックアップを取る作業を地道にやっていたのですが、今年に入ってから、Crystal Disk Info上で「異常」通知が出るようになってしまいました。こりゃいかん、ということで、さらにバックアップ用HDDの調達を計画、新PCのデータドライブが旧PCの旧HDD(ややこしいな・・・(^^; )で容量250GBとやや不足気味なので、最終的にはそこに放り込んで使えるように、2.5inch/SATA/1TB という条件で楽天で検索したところ、最初に引っかかったのが運悪く(?)またしてもHGSTの製品。今回はそれほど高くなかったのでそのままポチっとして到着を待ちます。
週末にポチっとしたら火曜日に物が到着。早いよね~こんなんだからブラック企業なくならないんだよね~と思いながら、まずは開けやすい(笑)旧PCの箱を開け、そこへ購入したHDDとダメなHDDを接続。フォーマットとボリューム確保の順番を間違えてかなり???となりましたが、最終的にはクリーンな状態で認識させることに成功しました。この状態でディスクの状態を表示させたのがこれ↓
Zentai
あれ~?こないだ取り替えたばかりのHGSTのエンタープライズドライブも「注意」になってるよ~(失笑)・・・・・え~と、CドライブがPCの起動ディスクで一昨年新品交換したHGSTのドライブ、Dドライブが今回購入した物、Eドライブが以前から挙動がおかしかったSamsung製の外付けドライブです。メインのCドライブが黄色ってのもちょっと気になりますが、とりあえずこの状態で、EドライブのHDDをDドライブにミラーリング・・・失敗、ディスクを認識しなくなったので、再びフォーマットしリトライ・・・失敗、またフォーマットしリトライ・・・失敗。どうやらついに不良セクタが発生してしまっているようです。しかたなくファイルでのバックアップに方針変更。バックアップしたフォルダ容量を比較すると4GBくらい少なくなっているので、やっぱりいくつかのデータは宇宙の藻屑と消えてしまった模様(-人-)

Cドライブのほうは別途検討が必要かなあ。旧PCを引退させたら外付けHDDとして使う予定だったので、かなりの大誤算。。。Samsungドライブはこのまましばらく冬眠させ、暖かくなってきたら再フォーマットして、一時ファイル置き場として使おうと思います(容量的にどのくらい有効なのか分かりませんが)

コピーが終わった新HDDはそのまま取り出し、新PCへ。このケース以外にちゃんと作られてて、ヘッダーパネルの上部の空間に2,5インチドライブを固定できるステーが装備されてました。が、手持ちのインチネジがHDDに入らないので、仕方なく、今SSDを突っ込んでいるケースにHDDを押し込み、SSDの方はケースの隙間に置く(固定しない)ということで、内部の配置をやり直し。ボード上にあったSATAの4ポート全部にケーブルが刺さるという、けっこうすごい状態になってしまいました(^^;

とりあえずこれでひとまず完了。安心して旧PCをお役御免にできそうです。(実はガラケーのSDカードのデータ管理というミッションがまだ残っているので、携帯を買い替えない限りは引退させられないんですけどね…)

あ、ついでに新PCで使われている、これらの中で一番古い(稼働時間が長い)HDDの状態表示がこちら↓
D_

一番古い奴が新品の次に健全てどういうことよ、まったく。。。

2016/12/31

PC自作しました(11)~無理やり完成

ああ、年の瀬になってしまった(苦笑) まだ数ステップあるんだけど年越しするわけにはいかないので、無理矢理完成させてしまいます(爆)

  1. Windows導入
    ケースを閉じられることが分かったので、またケースを開けて電源を投入、当然のようにBIOSのセットアップが起動します。メモリやドライブも全部認識しているのでひとまずはこれでOK。ここからWindowsを導入していくのですが、メディアはなんとUSBメモリ。時代は変わったもんだ(苦笑) が、今度は起動ドライブをUSBにする方法がわからない。いろいろ試行錯誤を繰り返したけど、どうやったか覚えてないっす。なんとかUSBから起動するようにしたら、あとは何もやることなし。割とあっという間に導入は終わってしまいました。Dscn1247_13Dscn1250 そしておそるおそる電源を切って再投入。「ふ~ん起動画面こんななんだ」と思いつつ、ユーザー名とパスワードを登録しWindowsを起動。あっという間にデスクトップが現れ驚きました・・・いや、それを狙っていたのですが、起動をSSDにしたので超速起動になりました。メインPCが起動終了に時間がかかりすぎる状態になっていたのでまずは満足です。
  2. 環境整備
    流用したHDDが旧PCからのキャリーオーバーだったのですが、フォーマットしなおさなくてもそのまま認識したので、データの移行はあまり苦労しませんでした(HDD更新後にできたデータだけ)。標準ブラウザがIEでなくてEdgeに変わっていたのは驚きましたが、どうせメインはFireFoxなので問題なし。一方で、FireFoxの64bit版がなかなか見つからなくてけっこう難儀した、というのをとりあえずここへ記録
  3. とりあえず動くようにはなったものの…
    Dscn1253Dscn1254 フロントに大穴が開いたままになってしまいました。CD-RWドライブを外したのですが、これを元に戻そうにもマザボと干渉して収まらず、結局何もないままになってしまったのでした。最終的にここは、USBヘッダと薄型ドライブを収める3.5インチケースを購入してそれで埋めました。ここは設計ミス(苦笑) あと、裏側にも大穴(ボード用の穴)が残ってしまったのですが、ちょうどケースの縦幅と同じくらい空いているので、60mm角のケースファンをここへ追加しました。といっても固定がうまくいかないので、背面壁に両面テープで(失笑) ここは後日金具の設計をやって個人用板金加工業者に金具を発注しようと思ってましたが、両面テープでも何ら不具合ないので放置になってます。 あ、そうそう、旧Aptivaのフロントパネルがうまくいきません。ケーブルが届かないので、USBだけ接続orオーディオだけ接続しかできないのですが、どちらもうまくいきません。USBは上記のヘッダパネルにUSB3の口がついていたので、当面はそれで解決していますが、なのでオーディオくらいは何とかしたい。これだけ積み残しになったままです。
そんなこんなでとりあえず完成。引き続き「今度はあれやろう」とか思うのが自作のいいところ、ですかね。初めてやったにしては、まあまあトラブルも少なくよかったんではないかと、思います。 今年の趣味部門は、ほんとこれだけですね(苦笑) さて、来年は何しようか(爆)

2016/12/05

メインPC不調

mixi でポロっとつぶやいたのですが、ここのBLOGで一向に完成しない(失笑) 新PCと併用していた旧メインPCが、先日立ち上がらなくなりました。その顛末を少々。

このPCを使ってiPodのバックアップをずっと取っていたのですが、どうも最近、iPodに転送した音楽のデータ破損(曲は認識されているがスキップされたり途中で切れたりする)がやたら多くなってきたので、この際、ということで、iPod上で全曲消去し、全てを再同期させようとしたところでした。が、あまりにも進行が遅い・・・1晩放置しても250曲くらいしか転送できていませんでした。その間隙を衝いてiOS 10.1.1が勝手にダウンロードされているなど、なんかおかしな感じはしていたのですが、朝が来たので音楽転送途中のiPodを外し、PCの電源を落として出勤しました。
そして音楽同期の続きをやろうと、夜帰宅してからPCの電源ボタンを押すと・・・ウンともスンとも言いません。あれ、切らずにスリープにして行ったっけ?と長押しをしてみるも反応なし。その後数度電源ボタンを連打すると、ようやくファンが回り始めたのですが、HDDのアクセスをし始める前に、突如電源のファンが最高速(?)で回り始め暴風状態に。もちろん起動画面は現れません。それを長押しで切り、又入れ、を3回繰り返しても症状変わりません。
実は、先月会社で使っている社用PCもお亡くなりになったのですが、このときもまったく同じ症状でした。会社のPCは、半年ほど前にも同じ症状で入院していて、このときはデータのサルベージをお願いしたら、システム部門が忙しくて3日ほど放置されていたらしく、作業しようと電源を入れたら普通に立ち上がったとのこと。このときは何もせずに帰ってきたものの、半年後に再発したわけです。データの引っ越しをどうしようか思案したのですが、ふと前回入院時のことを思い出し、週末を利用して3日ほど電源コードを外して置いていたら、やはり復活しました。さすがに今回は、PCを新しくしてもらいデータを引っ越ししましたが、まさか自宅PCで同じことになるとは・・・
ということで、自宅PCでも丸1日電源コードを抜いて放置してみました。コードをつないで電源ボタンを押すと・・・なにごともなかったかのように起動します(異常終了のセーフモード起動もなし)。とりあえずHDDは無事、音楽データもなんとかiPodに同期成功し、とりあえずは胸をなでおろしたところです(^^;;;

さすがにこれは、新PCも作ったしHDDだけ取り出してお役御免だろうなあ、と思ったのですが、ここで頭をよぎったのが、電源と光学ドライブとケースを流用してもう1台作れんかいな、ということ。電源は250Wしかないので、省電力仕様で性能は二の次とするしかありませんが、このセミタワーケースは、旧Aptivaから外してきたHDDを突っ込んであり(まだつながってない)、それでもまだ中には余裕があります。新PCと違ってMicroATXのボードも入りますので、SSDとかでちょろちょろっと作れんかいな、と思案中。
ただ、心配事は、PCをシャットダウンすると、内部の電源装置付近から「モスキート音」がすること。コードを抜くと止まるので、これは電源が寿命なのかな?と思ったりもしますが、実際どうなんでしょうかね?もう少し、だましだまし、データを引っ越ししながら様子を見ていこうと思います。

また年が明けたら作り始めるかな? あ、記事上はまだ新PC完成していないのに、、、はご愛嬌ということで(稼働自体はすでにしています、これも新PCで執筆中)。

2016/10/10

iOS10

音楽用に持ち歩いているiPod touch、家ではWiFi経由でスマホライクな使い方をしていますが、基本は、クラウドやWiFiを経由せず、PCからiTunes経由でメンテするようにしています。で、ここ数か月ほど、自動アップデートさんが、

 「iOSが新しくなったのでアップデートしましょう」
⇒(Yes)
⇒「お使いのiTunesでは対応できませんのでiTunesもアップデートしましょう」
⇒(Yes)
⇒「残念ながら新しいiTunesはこのWindowsには対応していないみたいですね」
⇒(確認)
⇒「ところでiOSが新しくなったのでアップデートを・・・」

という無限ループに陥るので、Appleからのアップデートの確認は全て無視してきてました。実際、iPodは未だに旧PCに接続してWindows Vistaで運用しているのですが、最新のiTunesはVistaは対応していないのね。AppleまでMicrosoftの陰謀に加担かよ、と思いつつ、まあ不便していないので放置で来てました。

で、それとは別に、ここんところアプリのアップデートで、空き容量が少ないのでできません、が頻発してたので、古い写真を退避整理したり、使わないアプリを削除したり、して空き容量の確保作業(これはこれで虚しい作業)をやりながら日々使ってました。ところが、先週末のFacebookアプリのアップデートでは、まったくこれくらいじゃ役に立たず、しかたなく、リセットして復元、を実施。が、「その他」の容量が増えるだけでぜんぜん空き容量が増えないので、泣く泣く、日ごろ使っているアプリも消去してなんとかFacebookアプリのアップデート作業に成功しました。アップデート作業が作業領域を食っているんだろうから元に戻せるはず、といったん消したアプリを復元していってたら、全部終わってPCから取り外した直後に突然「iOSのアップデート準備が完了しました」って通知が。空き容量は30MBくらいしかないので、どうせまたできないのになんで何度も試させるんだろうなあ、とPCにつなぎ戻さずにGoをかけると、画面が消え、アップルロゴが現れ・・・アップデートが終了しました・・・

ロック画面のスライドがなくなって一瞬???となりましたが、解除方法がホームボタン⇒パスコードに変わったのね(__;) 空き容量を確認すると、なんと1GB近い容量ができているではないですか。どうやらiOS10の更新ファイルを内部に抱えていてこれがメモリを圧迫していた模様。それで何度もワーニングを出すのは勘弁してほしいぞ(泣)

昔はコンピュータ側に能力がなかったから人間側が合わせなきゃいけなかったのも仕方がない面もあったけど、その当時の文化を引きずったままの今のこのやり方はあまりにも稚拙すぎる。しかもその時代を知らないほとんどの人がiPhoneやWindowsやGoogleを経由してそれに慣らされていっている恐ろしさ。機械に使われるってのはまさにこういうことだと思うのですが、、、どうにも不愉快です。

2016/07/17

PC自作しました(10)~配線さばき

さて、各部配線接続まではやったものの、うねうね過ぎてケースを閉じられない。タイラップで束ねてある電源の線を括りなおしてケースの隙間を這うように線を置いていくのが正しいんでしょうが、金具類とボードの間にはほとんど隙間がないし、しかも筐体側からくる線が、HDDを挟んで両側からやってくるのに、これがボード上では完全にクロスする位置関係になっていて、しかもピン配列が合ってない。ボードの上を電線が横切るのはあきらめるしかないにしても、なんとかならんもんか、と頭をひねります。

出た結論は・・・

とにかくCPUファンの上だけは横切らないようにし、あとは押し込みながら無理やり閉じる、でした・・・(爆)

だって、線をつなぎかえる技量もないし、ボード本体へ行くものも含めて、経路がクロスするのは避けようがない。あとは電源から出ているSATAのリード線とSATAの信号線がクロスしまくるのをなんとかかわしてやるくらいしかできることはありません。この時点で、フロントパネルヘッダの配線は、電源線の束の下に例のフラットケーブルを持っていってはみたものの、ボード側のピンにケーブルが届きません。ここはとりあえず後回しにして、この状態で、とりあえずWindowsのインストールをやることにします。

以下次号。今回は写真がないけど、まあ、配線状態は前回の↓ここからほとんど変わってないので・・・

Dscn1252_r

2016/07/05

PC自作しました(9)~部品艤装

いい加減書かないと、いつまでたっても完成しない(苦笑)
さて、ボードの初期故障はなさそうだ、というところまでいったので、いよいよ筐体に物を収めていきます。

まずは電源。取り付け穴ピッチとか考えずに外形サイズと電源容量だけで選んでしまったのですが、穴ピッチはなんとぴったりで、要するに「SFX電源」という規格はないはずなのですが、そういう触れ込みの奴ならば取り付けられるということのようです(ATXはまったく入りませんが)。ちょっと困ったのが、電源ケーブルを差す口のモールドが分厚いので、ちょっとケースに干渉してしまったこと。穴ピッチが合っているので、通常なら筐体側を削らないといけないのですが、そんな工具は持ってない、しかたなく無理やり締めこんだら、モールドが筐体に食い込みながらもきちんと固定されました(泣) 見ての通り、モールドが微妙に食い込んで斜めになってます・・・↓
Dscn1240_r_2

次はボードの取り付け。旧ボードは5本のビスで止まっていたのですが、新ボードは4本。向きを合わせてみると、なんか1本はもともとのボードで穴が開いてなかった場所になっています。あれ~?と筐体を見ると、ネジ座は6本。なんと、旧ボードは1本使ってなかったのですね。背面パネルの方を合わせて新ボードを載せると、微妙にずれていますが、ちゃんとネジ座の上に穴がきました(^^; HDDはあらかじめ付けておいたので、とりあえずこれらを並べた状態がこちら↓
Dscn1241_r

以前書いたようにHDDはケーブルの引き出しにけっこう苦心しまして、このあと何回バラシて戻してを繰り返したか(苦笑)。あと、バックパネルについても、なんか微妙に筐体と干渉するので、ボードの固定には最初は結構苦しみました。アップが下の画像ですが、少々分かりにくいですが、下はきちんと筐体にハマってますが、上側は板の突起が筐体と干渉してぴったり合ってません。。。もうこれも、ボードのビスを締めこんだらビクともしなくなったので、このままいきます(泣)
Dscn1242_r

で、なんとかかんとか物を固定し、SSD、HDD、電源、スイッチ、LEDとマザボの各コネクタをつないだのが下の状態。
ファンがケーブルひっかけそうだし、そもそもこれじゃ筐体閉じられない。さてどうしよう、、、と途方に暮れたところで以下次号(苦笑)
Dscn1252_r

2016/05/15

PC自作しました(8)~起動確認

起動確認しようと電源とディスプレイをボードに接続し、不安に思いつつACアダプタとつなぐ・・・というところまでが前回ですが、ここでボンといって焦がしてしまっては全てが台無しに。恐る恐る電源をプラグに差してみますが、ウンともスンともいいません。おかしいなあ~と、自作手順を公開しているwebサイトをいろいろ見て回りますが、どうやらここで電源スイッチをつながないといけないらしい。考えてみれば当り前ですわね、ACケーブルでスイッチが入る仕様なんてありえない。ボード上のスイッチ端子を短絡させて起動確認するなんて技もあるらしいのですが、そんな恐ろしいことできません。仕方なく、ケースに残っている電源線(とHDD-LEDの線)をつないでみることにしました。
ここでまた悩みが。最近のケースでは、電源やらLEDやらも2ピンのコネクタ化されてるのでそれをプラスマイナスを合わせてつなぐだけです、なんて書いてあるのですが、今回のAptivaケースでも同様に2ピンのコネクタになっているのに、極性がどこにも書いてない。まあLEDは逆につないでも問題ないでしょうけど、電源はちと困ったなあ、ということで、またしても一生懸命webサイトを調べる。と、あるサイトに、黒や白のケーブルがGND側、赤や緑が+側になっていることがほとんどです、という記述が。見ると、LEDが緑+白、電源が緑+白+赤+黒になってます。コネクタを見てもクロスしている風には見えなかったので、この情報を信じて、端子をボードにつないでいくことにしました。ちょっと違うところに置いていたケースを持ってきて、ケースに残していたケーブルを見ると、やはりコネクタが最近の物ではないのでボードにそのまま刺さらず。また配列的に線をクロスさせる必要があったので、準備していた1ピンずつ接続できるケーブルを使って慎重にボードとコネクタをつないでいきます。
そして、祈る気持ちで電源SWを押すと・・・あれ、やっぱりウンともスンとも言わない、、、あれ?と思ったらケーブルが抜けてた(爆) 差しなおして再度ポチ。今度はCPUのファンが回り始め、画面には設定画面らしき何かの表示が。無事接続と起動が成功です。CPU、メモリ、ボード、電源については、初期不良等はなかったようで、これで一安心です。
今回は写真なし(起動成功したとことの写真撮ってなかった・・・)

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ