2014/10/09

【プロ野球】全日程終了

こんなネタで普段書くことはないのですが、今年はタイトルホルダーが面白かったので。関連記事は以下
セ・リーグ タイトル/選手一覧
パ・リーグ タイトル/選手一覧
どちらも優勝球団から1人ずつしか出ていないというのがなんともいい味わいです(笑) パはオリックスの躍進ぶりがわずかに見えますが、優勝のソフトバンクとロッテ以外からまんべんなく出ている感じです。一方のセはなんじゃこりゃ、な展開。最後までペナント争いを繰り広げた(つもり)の我らがカープからも1人(ちなみにオールスター後ほとんど試合に出ていないのにホームラン王ですから、いかに前半戦打ちまくったか)。後は各球団からタイトルホルダーが出ていますが、目立つのは阪神。最後に意地を見せたとはいえ、5人もタイトルホルダーがいて、「最後に一矢報いる」のがやっと、ってどんだけ勝負弱いんだという感じです(失礼)
改めてこうして見ると、mixiで某記事を引いてコメントした覚えがありますが、こりゃ本当にセ・リーグのMVPは選出できないような気がしますね。玄人筋のファンの間では、隠れMVPとしてカープの菊池を押す声もあるのですが、こりゃ、それを実現するためにも、意地でもCS勝ち抜かなきゃですわ(^^;

2007/08/12

野球はツーアウトから

久しぶりに甲子園の高校野球を見ました。いつもなら環境映像としてしか見ないのですが、偶然TVのチャンネルをガチャガチャやっている この表現も死語の世界ですが(笑) ときに、郷里の代表校(広陵高校)が試合をしていたのでした。途中からだったのですが、競った好ゲームで、思わず見入ってしまいました。
結果は9回にエラーが絡んで2死から逆転して広陵の勝利。%たいとる%を実感してしまったのですが、最近は、高校野球でも、圧倒的なスター選手がいてもミスが出るチームは勝てない傾向が強いですね。それだけレベルが上がってきたということかもしれませんが、かといって、ミスがない緻密な野球が実践できるだけではやはり勝てない。超高校級の選手を擁し、かつ、周りがミスなく試合をこなせなければ頂点には立てない時代になっているような気がします。まるでプロ野球に対する論評みたいですが(苦笑)、翻って、私の応援する某プロ球団は・・・曲がりなりにもプロなんだから、個人技だけでなく組織力も見せて欲しいものです。
ちなみに地元の代表校も今日登場します。この2校、数年前の春の大会でそろって準決勝(だったかな)へ進んで話題になったのですが、この夏もそういうことになれば面白いな、と思います。

2006/10/09

プレーオフ雑感

今日、午後のんびりTVのチャンネルを回していたら、期せずしてパ・リーグプレーオフのTV中継があったので、思わず試合終了まで見てしまいました。ケーブルテレビを通じて入る福岡地区TV局の偏向報道のせいでいつのまにかすっかりホークス寄り嗜好に染まってしまってて、今日の結果(ソフトバンクが大勝し第2ステージへ)には概ね納得しているのですが、私個人の意見として、やはりこのしくみには不自然さを感じてしまいます。
偶然にも、土曜日の朝日新聞で解説者の豊田泰光氏が、今のプレーオフのやり方には疑問を呈する記事を載せてました。とにかく、約半年に渡って戦ってきたレギュラーシーズンの結果をチャラにして改めてトーナメント戦をやる意味が理解できません。ペナントを争う、というのは、最後に勝てばいいのか、昨年一昨年のダイエーの勝率1位はなんだったのか、全12チーム中6チームにチャンスがあるというのは敗者復活しすぎではないか、等々、言い出すとキリがないのですが、とにかくポストシーズンを盛り上げるための現行プレーオフ制度には、ファンとしてどうにも賛成しかねます。どうしてもやりたければ、かつてパ・リーグがやっていたように、前後期制にすればよいと思うのですが、これは交流戦をやっていると成立しません。いっそ、交流戦の試合数と半々にして、その勝率1位どうしのプレーオフなんてのはどうか、とも思います。
ま、でも、そんな小手先のことをやったって人気は回復しませんて。やはり世界一を目指す戦いをしないと盛り上がらない、というのが春先のWBCの教訓ではないかと思います。あれを選抜チームでなく日本一チームでやる、というのはやっぱり無理なんでしょうか?(今年のロッテの例を見ると、後遺症が出るので誰も賛成してくれないかな…)

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ