2022/03/27

1周年

納車から1年が過ぎました。走行距離は11,800km。ちょうど月1000kmのペースなので、自粛生活で遠出していないことと、通勤日数が減ったことを思うと、かなりのハイペースかと思います。シートが疲れにくいこともあって、無駄な遠回りが随分増えたのが原因ではないかと。よりによってこのガソリン高騰の折に(苦笑) 平均燃費は13km/L 弱。全国平均から比べるとちょっと良くない。シフト時の無駄な空ぶかしが多いのではないかと思われます(泣)
各部馴染んできた結果。エンジン音「ベインベイン」感は全く気にならなくなりました。乗り心地も路面の凹凸にもよりますが、吸い付いて走る感覚が心地よい感じです。掃除をしてあげられず汚くなってしまった、小キズもたくさんついた、等々、いろいろ悲しい出来事もありますが、まずは楽しく乗っています、ということで(^^;
近影は直前の記事で買い替えたはずのスマホが先週早くもお亡くなりになって共連れで消滅しており(燃費アプリも1年近く入れてたのがパー)、ちょっと古い画像ですが、お隣さんが偶然兄弟車でしたのでパチリ。右側が私の車です。同じ設計の車なのですが、けっこういろんなところが違うのが良く分かります(^^;
Dsc_3672_

2021/07/01

3000km突破

通勤使用のため順調に距離が伸びています。一方で、居住性に難あり、から家族で乗ることが減り、乗車機会はやや減少傾向。ここまでのインプレを、今回は良いところを含めて(苦笑)

エンジン音
オイル交換後、音質が少し変わった、と前回書きました。その後も高音部が目立たなくなる傾向が続いてまして、表現として「ブ」「ボ」ではなく「ビ」「ベ」系の音であることは変わらないのですが、だんだん「普通の」エンジン音に近づいてきて、3000回転以上回すとけっこういい感じの音だと思えるようになってきました。とはいえ、吹け上がりには若干の重さがあってヒュンヒュン回る感じではない、これが「官能的でない」「残念な感じ」と評されるゆえんなのかなあ、という気がしています。オデッセイは論外として、前に乗っていたFDやAWはどちらかというと電気モーター系のフィーリングだったので、それらとは明らかに雰囲気が違い、実用系のエンジンなんだなあ、という印象。
一方で、当初から感じてたように、低速トルクも十分あって、MTでも乗りやすいと思います。これは2Lにした恩恵かな。1.5Lは全域でパワーが足りない、との評が多いので。
身のこなし
これが一番驚いたところ。けっこう攻め込んだ感じ(とはいえ公道なので決して速くない)に走らせると「ヒラリヒラリ」という形容がピッタリの挙動で反応してくれます。良くできたシートのおかげか、その感触がダイレクトに体に伝わる感じも含めて、FDで速度を上げていったときの感覚に非常に近い感じがします。もちろんぜんぜんパワフルでもないし速度域も圧倒的に低いのですが、FD対比で200kg以上も重い車でサスの作りもぜんぜん違う車なのに、似たような感触、というのはけっこう驚きました。
ギアがしぶくなった
1-2、3-2のチェンジが上手くいかない、だけでなく、シフトアップ、シフトダウン、停車で1速に入れる、それぞれの局面で、引っ掛かってギアが入らない、に2日に1度くらい遭遇します。すでにシンクロがヘバってる?まさかね。まあ操作が下手なのの裏返し、と言われるとグゥの音も出ないけど・・・ちなみにエンストは週に1回程度まで改善しました(恥)
乗り心地
これはここまで来てもあんまり印象変わらないかな。平滑度の高い路面だと吸い付くような乗り心地になる、という論評があって、その感じは多少分かる気がするけど、全般的に決して乗り心地が良い方ではない気がしてます。競技車でピョンピョンする車に乗っていた経験も長い運転手は全く苦にならないのですが、同乗者は不平不満があるのではないかと・・・
デザイン
乗っているときに見える内装、各種評論では高評価なのですが、個人的にはやや見た目にうるさいかな、と思ってます。AWもFDもオデッセイも、かなりそっけないデザイン(言葉を変えれば、機能優先)だったので、全く逆振りの今のインテリアは若干好みではない。まあでも、運転していて全く邪魔じゃないので、収納が足りないことを除けば、とりあえずいいのですが。
一方、運転している自分からは全く見えない外観。止まっているときに見ると、無駄を削ぎ落とした「塊」感がすごくて、FDとは全く違った方向性だけど、良いデザインだと思います。「デザインに惚れて買った」というユーザーインプレが多いのも気持ちは分かる気がする。でもやはり個人的にはそれよりも街行く同型車を見て思う「走り去る後ろ姿」がめちゃくちゃカッコいい、の方が印象的です。これ、現行デミオ(mazda 2)が街中を走り始めた当初に感じた感じと全く同じで、思い出して笑っちゃうのですが、それが作った側の狙いだったなら、まんまとハマってしまったかも、です。別所で書いた気もするけど、FDも「斜め後ろから見た姿がセクシー」な車だったし。

まったく意識してませんが、これ、運転しながらニヤニヤしてるはずです(苦笑)
Dsc_3609_

 

2021/04/29

1ヶ月点検(までの細かい不満)

納車1ヶ月、いろいろあって1200kmちょっと走りましたので、ディーラーに1ヶ月点検に持っていきました。点検自体は、あたりまえですが、なんの異常もなく、エンジンオイルを交換して終了。

この間、馴染んできたせいだと思うのですが、走行中のエンジン音の音質がちょっと変わった気がします。「びょえっ」という擬音は基本変わらないのですが、若干周波数帯が低い方へシフトしたような。RX-8試乗時に感じた「ベインベイン」という感じに近づいた気がします。回転数制限も少し緩和して上まで回すようにしたのですが、高回転型エンジンのようにどこまでも回る感じではないものの、オデッセイのDOHC V-TECのような「もっさり」した感じでもなく、どちらかというと軽快に回っている感じになってきました。「びょえっ」を除くとそんなに悪くないのかも…

あと、冷間始動時のビビリについては「SKYACTIVE-Gは始動時の回転をかなり高めに設定してあって、どれも多かれ少なかれそんな感じ」との営業氏のコメント。たしかに暖まってくると静かになって室内からはほとんど気にならなくはなるのですが、その後のアイドリングも外で聞くとタペット音らしき「カチャカチャ」音が耳につく感じがありました。点検時にオイル交換してくれるのでそこまで様子をみようと思ってましたが、結果大して変わらず。一方で走行中のエンジンの回り方は、ノイズ感が取れて明らかに滑らかになった感じがします。動き始めてすぐ「おー」と言ってしまったほど。

その他、今回もまた細かい不満を列挙。時間がたったので増えてる(苦笑)

掃除がしづらい
デザイン重視だから仕方がないのですが、写真のサイドのリップや、ダッシュボードのマツコネのモニタの周辺なんか、明らかに汚れやほこりがたまる構造になってます。またワイパーが完全にボンネットの下に収納されているので、ワイパー周辺の排水口にも手が入らない。キレイに乗ろうと思うとけっこう大変。どうせすぐ汚くなるから無駄な抵抗、なのは分かっているのですが・・・ Dsc_3575 Dsc_3576
傷つきやすい
樹脂の加飾部がいちいちピアノブラックになっています。よってすぐに小傷が付く。運転席側のドアにある操作部は、ディーラーが保護フィルムをはがし忘れていたのをわざとそのまま使ってます。写真のシフト回り等、操作ボタンもたくさんあって明らかに手が触れるのだから、もうちょっと軟質の材料でも良かったのではないか、という気がしてなりません(格好はいいんですけどね) Dsc_3578 Dsc_3579
軟質の材料といえば、ダッシュボードの上面は革調シボ付きのややソフトな素材になっていますが、これがなんかジットリしていて、ホコリを吸着しがちです。拭いてもなかなか取れない。先のモニタ周辺は形状の問題とダブルで掃除しにくい感じになってます。
映り込み
これも仕方ないんですが。ダッシュボード上の表示器からフロントガラスに速度以下各種表示を映すFHDが付いているのですが、個人的に、まあ見ない(苦笑) 一方で、斜め上から日が差している状況の場合、この表示器部の臓物がフロントガラスに映り込んでしまってFHD表示の周辺に見えるのでとっても目障りです。走行条件によるので、仕方ないのではありますが。
あと触るのが怖くてこの表示器のくぼみを拭けないんですよね。上向きの開口だから絶対にホコリがたまると思うんだけど・・・
すでに内装ビビリ
冷間始動時のビビリも内装から聞こえます。また走行中にも、条件によってグローブボックス周辺やサングラスフォルダーのあたりからビビビビというビビリ音がします。静粛性がかなり良いので、余計にこういう音が残念。
ロードノイズ
音が残念と言えば、エンジン音は、実は走行中はそんなに気にならなくなりました。というのも、ロードノイズの方が明らかに大きいから。路面の粗さと見事に比例しておりまして、細かい凹凸が多い路面の道路を巡行すると、エンジン音は全く気になりません(苦笑)
乗り心地
これは各種ネット記事を見ても、少し距離を走りこまないと正しい評価はできない、ということらしいのですが。上記のエンジン音が気にならないような路面を走っていると、けっこう正確に入力が入ってくるのが分かるのですが、それがどうもボディ全体をぶるぶるふるわせてる感じがして、乗り心地という意味では決して良くありません。オデッセイがかなり優秀だったのでそれとの比較は酷かもしれませんし、さらに昔乗っていたAW「白い悪魔号」の「腰を破壊する乗り心地」ほど酷くもありません。路面がスムーズだと非常にスムーズな乗り味になるので、かなり惜しい気がするのですが、運転席に乗っていても「これはリアシートは乗り心地悪いだろうな」と思ってしまうほど。
そういえば、Mazda 3と言えば専用開発の純正タイヤがTOYOのPROXESとBSのTURANZAと2種類あって、当たりはずれ、だと言われてます。ウチのはTOYOだったのですが、その影響も多少はあるかもしれません・・・
2速がしぶい
エンストの回数は日に1回から週に1回程度に改善(失笑) FD時代の年に1~2回になればまあいいんですが。FDの時は、慣らし運転の時期に、ちょっと無理にギアを押し込んで2速をガリっといわせたことがあり、最後まで2速には引っ掛かりがあるままだったのですが、それを反省してすごく慎重にシフトしていたのですが、やっぱり1→2と3→2がシブい。回転が合えば何の抵抗もなくスコスコ入るのですが、走行中に一瞬「ウッ」となるのは、この2パターンと5→6のところ。FDと比べて1-2-3が離れているのかな、とも思ったのですが、調べてみると、ファイナルまで合わせて考えると2速のギア比はほぼ同じで、1-2間は離れて2-3間は近づいている感じなので、単に「下手になった」だけ、かもしれません・・・
収納不足
これもデザイン優先の弊害なのですが、まあなんせ物が室内に納まらない。ハッチゲートの下はけっこうな広さがあるので、後ろに入れればなんてことないのですが、自分の手持ちカバンや買い物した袋をいちいち後ろを開けて入れるのもけっこう鬱陶しいです。これはオデッセイが便利過ぎた、ということなんでしょうけど。
サングラスフォルダの寸法
これは完全に個別事象ですが。いつも入れている眼鏡ケースと収納部の大きさが近すぎ。なので、あと15度くらい開いてくれないと、うまく出し入れができません。ここはオデッセイからは明らかに改悪になってしまった部分。しかも、おそらくこのケースが上記のビビリ音の元だと思われるので、悩ましい。
Dsc_3577
マツコネとAndroid Auto
接続エラー頻発(苦笑) 乗り始めて1週間くらいしてから、スマホとBluetoothでペアリングすることもできなくなり、この1ヶ月で2回設定をやり直す羽目に。それでも接続エラーは出ます。頻度は減ってきた(当初は5回に1回くらいしか成功しなかったが、今は2回に1回くらい成功します・・・)とはいえ、これはかなりイライラする。 一方でオーディオ再生用のiPodは一度設定したきりで、持って乗り込むとすぐに自動でペアリングされて失敗することもなく何の問題もないので、これはスマホが悪い(通信デバイスの調子が悪いのは事実、別記事で書くかも)のではないかという気もします。なんともはや。

まあいずれも基本的には慣れの問題で、クルマが悪いわけではないので、十分満足しています。むしろけっこう距離が伸びているので、おそらく久しぶりに「ニヤニヤ」しながら運転しているに違いありません。気が向いたら、今度は「良い点」をあげつらっていこうかと思います(^^;

 

2021/04/12

慣らし運転

納車して2週間、500km走って慣らしの第1段階が終了。ここまでの感想を順不同で。

エンジン音がぜんぜんダメ(苦笑)
ガソリン車は試乗してなかったので、これが分かってたら買うのをやめたかというとそういうことでもないんだけど、かなりガッカリはしてます。冷間始動時、まずは1500rpmまで回るのですが、このときにどこかが共振しているようなビリビリ音がして、一瞬「ディーゼルか?」という音がします。すぐに1000rpmくらいまで下がるのですが、共振のような音は消えるけど音の感じはほとんど変わりません。走りだすと、遮音が優れているので、遠くに音がする感じではあるのですが、ペラペラで軽く「パタパタパタ」といった感じの音がずっと続きます。さらに回転を上げると、まさにこんな感じの音質に。


Exgmkr_ueaac9cq

前車(オデッセイ)も2500rpm以上は酷い音で回転を上げる気にならない車だったのですが、音質は違えど、酷い、という形容詞がしっくりくるので、なんだかなあ、とは思ってます。
とはいえ、エンジンはかなり扱いやすい
排気量に余裕があるので、わりと下からトルクがあって、MTでも扱いやすい特性だとは感じます。ただ、ぶん回してやろうとはまったく思えないので、もしかしたらNDロードスターの「エンジンがダメ」評も同じような感覚なのかも(同じSKYACTIVE-Gだしね)
シフトが忙しい
MTなのに、メーター内にシフトインジケーターがあります(苦笑) これがインタラクティブで刻々と新しい情報を出してくれる中で、シフトチェンジを促してくれるのですが、エンジン特性を考慮してのことなのか、シフトアップタイミングがちょっと早すぎるんではないかい、と思うことしばしば。ここまでは、慣らしで2000rpm縛りだったので、それはそれでちょうどよかったのですが、一方で、3-4-5速がクローズし過ぎで街中の巡行ではかなり忙しい感じになってしまいます。さっさと6速に入れて流せ、ということなんだと思いますが。
6速が低い
2000rpmで80km/hです。郊外のバイパスだと、これだけで走り切れちゃいます(苦笑) あんまり使わないかもだけど、高速道路ではそれ以上回して走ることになるので、音のことを考えるとちょっと憂鬱になる。
後方視界激悪
これは分かってた話なので、やむなし。ただ、自宅の車庫入れで、見えていて欲しいところが全く見えないのが、ちょっとツライ
車庫入れで衝突回避ブレーキ作動
前後に障害物センサーが付いていて、後方視界が悪くても補いますよということなのですが、これが自宅での車庫入れ時には、立駐で狭いところに入れていくので、ピーピー鳴りっぱなしになります。そして先日はついに自動ブレーキが作動(苦笑) 近いのは近いけどぶつかるような距離じゃないんだけどなあ、とは思います…
後方視界というと、走っている時にも、後方斜め方向から近接してくる車があると、FHD(ヘッドアップディスプレイ)とサイドミラーにマークが出ます。車線変更で後ろを確認しようにも、とくに左後ろは肝心なところがほとんど目視できないので、この機能はありがたいのではありますが
マツダコネクト
不満が出る可能性が高かったので、あえてナビは付けませんでした。でもそれ以外でも不満がいっぱい(苦笑) だましだまし付き合っていくしかないのではありますが・・・
BOSEのありがたみ無し
OFFにすることができないので比較のしようがないのですが、今のところ特に感じるところなし。聞く音楽が悪い、という説もありますが、もとのオデッセイの純正オーディオも悪くなかったので、ちょっと無駄な出費だったかも。。。

てな感じです。不平不満ばかりに見えますし、実際家族にはかなり文句を言われていますが(苦笑)、使用者としてはかなり満足しています。良いところは追々書くとして、次は1ヶ月点検ですかね。

 

2021/04/01

クルマが変わりました

休眠ブログを起こす、その2(苦笑)

13年間、大した故障もなく(昨年、エアコンのリレーが逝って稼働しなくなった程度)、いまだに機関絶好調で何の問題もなかった 走る棺桶号 (オデッセイ)を手放すことになりました。いや、別に生活に困って、ということではなく。

単身赴任が終わって元の職場に戻ることになったのが一つ。

丸13年を過ぎると、車検でチェックするところも増えてきて、次はプラグ見ないとですねーなんて話になったのが一つ。

カーボンフリーのため、販売される新車を全て電動化する、という報道に触れ、まあまだ関係ないや、と思っていたら、2050年に全廃しようと思うと、その15年前(2035年)には新車をゼロにしておかなければならない、と考えてみると、もしかすると内燃機関だけで走る車を買えるのはこれが最後かもしれない、と思ったのが一つ。

もろもろタイミングが重なって、買い替えることに決めたのでした。代替候補を選ぶにあたって、前記事 にも書いてますが、次はMTにということで的を絞ってまず調べてみたのですが、日本では販売される新車の98%がATという状況になってしまっていて、既に選択肢は大きく限られています。マツダロードスターやスズキアルトのような最後の砦を除くと、スポーツカーも既にMTが絶滅(AT系のトランスミッションの方が早くて効率も良いらしい)、いわゆるSUV系は自宅駐車場に入らない(立駐で高さ制限有)ので、結果残ったのは以下の面々。

  • ルノートゥインゴ
  • ホンダシビック
  • スズキスイフト
  • マツダ2/3/6

スバルとトヨタは諸事情で選外(苦笑)

このうち、トゥインゴとシビックは、物流に制限があって在庫車でないと納期が定まらない、という問題があり、シビックに至っては、UK工場の閉鎖が決まってて、今は生産していないと(MT車の在庫は、オデッセイがお世話になっているディーラーにたまたまあった1台、これが最後との話)。そういう意味でフィットのRSがなくなっちゃったのが痛かった。

で、鈴木と松田の一騎打ちになったわけですが、とくにスイフトスポーツは、各所で「日本の至宝」とまで言われているくらいなので、一時はかなりその気になっていました。一方で、マツダについては、とくに家庭内の拒否感が強い状態(苦笑) 未だに前車(FD3S)の購入経緯を根に持っているようで、けっこうツライ感じ。さらに調べてみると、mazda3(アクセラ)はMTは1.5Lしかなく各種評論では「ややパワー不足」、mazda6(アテンザ)はMTはディーゼルしかなくディーゼルのMTは教習者のイヤなイメージしかないのでパス、という状況。

デミオについては、現行モデルが出たときにすぐ試乗に行って衝撃を受けたのを良く覚えているので、ということはmazda2とスイフトスポーツの天秤だな、ということになりました。スイスポの現車も見て、大きさ感を確認したうえで、ここまでが昨年末の話。

年が明けてとりあえずmazdaのディーラーへ。昔お世話になってた営業さんは不在でしたが、mazda3の試乗車(1.8Lディーゼル)がありすぐに乗せてもらいました。運転して、何も感動がないのが意外なほど(あのデミオの衝撃は何だったのか)。そして、とりあえず説明を聞いたところ、秋のマイナーで2Lガソリン(Xではない方)にMT仕様が追加になったと。ただし、生産が始まるのは2月になってからで、3月末で車検が切れる我が家の乗換えには不適切か?と思いきや、「今のところ新しい情報がないので普通にいけば多分何とかなるでしょう」との営業氏談。

mazda3と言えばSKYACTIVE-Xなのですが、マツダ党としては見過ごせないネタですが、いかんせんあの価格差は大きすぎる上に、仮にMTを選んでもマイルドハイブリッド、ということでパス。その後、各種インプレ動画を参考にしましたが、スイスポはどうにもペダルが床に寝ている感じなのが気になり始め、最終的には、SKYACTIVE-G 20S のMT車を契約するに至りました。契約後の諸手続きでも若干トラブルがあり、カミさんからは「だからマツダなんかにするから」とブツブツ言われ、どうにも歓迎されないのが非常に不本意(苦笑)

納車からまだ3日しか経っていませんが、いろいろ思うところがあるので、インプレを続けて書こうかな、と思ってます。読者はいないので、完全な私的覚えだけど(^^;


Odyssey_n167531706_2043697405771739_6948950433076

2017/03/08

車検出してきました

おお、そうか、カテゴリはこれだ(^^;

え~と、愛車の走る棺桶号ですが、納車から丸9年を迎え、再び車検となりました。前のFDを手放した時と同じ年数になりましたが、こっちはまだまだ行けそうです。
足回りに関して、走行が伸びてくたびれてくると、多分ブッシュの周りが固くなってるんでしょうけど、低速でコツンとかいう音がし始めるんですね。カミさんの旧ekワゴンも結構これが酷い状態になってしまってて、最終的には買い替えとなったのですが、オデッセイも低速での軽い異音が昨年の後半あたりから目立ってき始めてました。これが寿命ってやつなんだろうなあ、と思いつつ、このオデッセイには最低でもあと2年は乗らないといけないので、足回りのリフレッシュまで考えんといかんのかなあ、とある程度覚悟をしてました。が、昨年末に、パターンのエッジがボヤけてきた夏タイヤを新しいものに替えたところ、このコツコツ音がピタっと止まったので、アララっとなってしまってました。車検にもっていって営業のおじさんにその話をしてみると、「あ~タイヤが固くなってたんですかね~、この型のオデッセイはけっこう過剰スペックなパーツを奢っているんで15万キロくらいは楽勝で行くみたいですよ~」と言われました(^^; ってことはあと8年は乗れるってことか?(爆)
パワステポンプのベルトがささくれ立っていて交換になったのと、エアフィルター、リアワイパーのゴムが交換になりましたが、あとはまったく問題ありません、ということで朝出したら夜帰ってきました(早) ノルマのあと2年は安心して乗れます(^-^)

これって、次から毎年車検になるんだったと思いますが、そろそろ買い替え検討の時期だよな~とうっすら思ってはいます。多少内装がくたびれてきた(一部メッキパーツのメッキ剥がれが顕在化)のと、右目が曇ってしまったのを除けば、エンジンも絶好調、パワステポンプのベルトとの因果関係はないと思いますがエアコンも静かになったので、しばらくは何の不満もなく乗れることでしょうが。買い替えるんなら次はMTにしてやると固く心に誓っていますが、自動運転の波がきているせいか、チョイスの幅はどんどん狭くなる一方で。。。10年ATに乗ると、もう戻れない体になっちまったんじゃないかとかあらぬ不安感もあり、結構悩ましい。あと2年、ゆっくり悩みます(爆)

2016/06/27

納車…

昨日アップしたかったのにシステムトラブルで執筆中に落ち、ようやく再開・・・
さて、やって来ました。今、話題のekワゴン…
事前リサーチは、


  1. ライバルたちと比べ、とくに安全装備という面で、商品力が周回遅れ

  2. といって、それ以上の圧倒的個性的なデザインでもない

  3. 燃費優先のエンジンでパワー感がなく、できればターボを選びたい

  4. そのくせ、カタログ燃費と実燃費の乖離が大きい


こんな前評判のクルマ、あえて選ぶ奴の気がしれん、とか言ってたら、すげー身近にいた(泣) しかも最後のコメントの理由は、単なる虚偽申告というオマケ付き。
今でなければならない理由は超簡単。もともと使ってたekワゴンが、登録から11年目に入り、ここへきて微妙な感じになってきたから。バッテリーがヘバってきたらしく、ここ1ヶ月でエンジンがすぐに始動できないことが数回。しかもガソリンスタンドでタイヤのヒビ割れを指摘されて交換を勧められる。エンジンは快調なのですが、足回りの多分ブッシュ類がヘタってきてて、リヤシートの乗り心地が過走行のタクシーみたいになってきた。等々、買い替え時サインがまとまって出始めたからです。
運良く(?)新車は販売中止中なので、再開するまで待たずに他社のクルマをゆっくり選ぼうと思っていたのですが、主な使用者は、ディーラーの在庫を聞いてみるとか、そこまでせんでも、というこだわり方。先週末の新聞折込で新古車見つけたらあとは速攻で、その日のうちに中古車屋に出向き、現車確認したら即決でした。金払うのは私なのに…
それから1週間、もう昨日ですが、納車されてきました。まだ100キロも走ってないクルマなのでまずは慣らしからなのですが、ちょっとだけ運転してみた感想。

2016062617180000__2


車両感覚がつかみづらい

これはekワゴンのせいというより、このクラスの軽自動車みんなそうではないかと思いますが、ボンネット先端の見切りも見えず、後方両サイドも見えず、非常に気持ち悪い。旧ekとそれほど大きさは変わってないのですが、前はスクエアなボディだったせいか、もうちょっとマシだったと思います。まあ慣れの部分はあるでしょうが…

前評判通りの非力さ

旧車はトルコンATでしたが新型はCVTです。が、エンジンのパワー感がぜんぜんないのと相まって、すぐにローギヤで「ブォーン」てな回り方になってしまいます。しかもリアシートに座っている方が音がよく聞こえる。なので音の割には前に進まず、余計にパワーがない印象を与えるという、なんか残念な味付けになっています。まだまだ本格的に走らせてないので分かりませんが、ネットの口コミでは、バイパスの合流等では身の危険を感じるほどの加速感のなさ、が指摘されてましたので、やっぱりそうか、という感じです…

純正装着タイヤがMADE IN TAIWAN

純正で台湾製って初めて見た(苦笑) コストダウン、がんばってますなあ・・・

インパネシフトが手から遠い…

オデッセイの場合、インパネシフトの根っこがドライバー側へぐっとせり出した土手の上にあるので、ハンドルからそれほど手を動かさずに操作できますが、今回のekは、切り立った崖から生えたような位置関係になっていて、ハンドルからシフトレバーに「手を放して」扱う感覚が非常にします。また感覚的に遠いので、どうしても視線移動して見てしまう。運転中に何かしようと思ったら意外に危ないかも、と思いました。いや、これも他社も似たようなもんなので意外にそんなもんなのかもしれません。もはやどうしようもないが、旧車のようにコラムシフトが良かった、としみじみ思います。

集中ドアロックがない?

リアドアのロックが運転席からできない。仕方なく両側チャイルドロックしました。中から開けられないのでリアにおちおち人を乗せられません。今時これはないと思うが、なんとかならんもんか。旧ekからのほとんど唯一の改悪部分と言えます。

室内はそこそこ

ここは他社とそれほど大差ないでしょう。好き嫌いで選んでいい部分。まあ使用者は、そこが気に入ってるらしいのでもうあまり言いますまい(泣) ただ、旧ekであった、なんに使うか分からないしょうもない小物入れ類がだいぶ整理されてなくなってて、旧車から持ってきたいろんなものが室内にあふれてしまってます(苦笑)


安いグレードなので悪名高いタッチパネルエアコンも付いてないし、新しいので各部の操作も軽く、まあそんなもんかと。燃費は、カタログほど良くないのは当たり前で、実は15%ほどサバよんでたみたいですが、それでも旧車からは30%くらい改善になりますんでセーフ。もう私ゃパワー感問題だけで乗るのが嫌になりましたので、あとはカミさんが身の危険を感じない程度に乗りこなしてくれりゃ、と思います。


今年はこれで、PC、自転車、セカンドカー、と更新してきましたが、買い替えを考え始めてからそろそろ2年たつ冷蔵庫や、死にドットが現れたテレビも買い替えが避けられなさそう。物入りで泣けてきます…

2014/11/11

【M】新型デミオ、乗って来ました、その2

前回に引き続き試乗記です。ディーゼルの試乗車が来たというので、乗ってきました。
今回は、エンジンを始動するところからスタート。最近多くなってきた「スタートボタン」で始動すると、「カラカラカラ…」といういかにもディーゼルっぽい音がし始めます。音量は絶対的に小さく押さえ込まれてるので、気になるほどではありませんが、ああディーゼル車だなあ、と感じます。そしてATをDレンジに入れて出発。前回のガソリン車で感じたのと同様に「スルスル」という印象で走り出すのですが、アクセルにあわせてカラカラいうエンジン音が耳に入ってくるので、一瞬、ん?となる感じでした。しかし、ひとたび走り出してしまえば、まったく違和感なし。実際、カラカラ言っているとはいえ、音量も小さく遠くで聞こえる感じなので、気にしなければ気にならない、すぐに慣れるレベルだと思います。前回と同じコースを回ってきたのですが、心なしか路面のゴツゴツの拾い方がマイルドな気がしました。また、パワー感は、予想していたとはいえ、圧倒的と言ってもいいくらい。中途で結構な上り坂があったのですが、中途半端な速度から踏み込んでも、1000回転ちょっとのところからモリモリと加速していくので、本当にひとクラスもふたクラスも上の車を運転している感覚です。普段乗りでも、気をつけないとスピードが出すぎてしまうノリかもしれません。ハンドリングはガソリン車とまったく変わらず。ガソリン車のときにも感じましたが、ハンドリングに剛性感があり、ややもすると「重い」操作感になってしまいそうなくらいですが、個人的にはそれくらいが好きなので、やっぱり自分で乗るなら買いだなあ、でもカミさんが乗るにはちょっとぜいたくすぎるなあ、という印象はますます確信に変わってしまいました。。。
試乗から戻ると早速見積りを作ってくれましたが、う~ん、いいお値段(苦笑) いや、この質感がこの値段で手に入ると思えば、迷わず買いだと思うのですが、やっぱり最大の障壁は普段運転する人なんだろうなあ、と。まったく前回と同じこと書いてますね(失笑) カミさんのekが年度末までに車検が切れてしまうので、さてどうするか、年末までが悩みどころの感じですね。う~ん(^^;

2014/10/21

【M】新型デミオ、乗って来ました

この週末に、mixiでつぶやいていた通り、試乗に行ってきました。ああ、過去ログたどると、先代デミオにもコメントしているなあ、読んでもらっても参考にならないからインプレなんか書かない、なんてことも過去には書いていますが、約束(?)なので試乗インプレを書きます。
日曜日の昼前に行ったのですが、ディーラー混んでるんじゃないかと思ってたら、望外に平和。予約販売開始から展示車が来るのに結構時間がかかってたせいか、未だに「展示会開催!」のチラシも出ておらず、あまり派手に売り出してる雰囲気ではないからか?昔担当してもらってた営業マンを呼んでもらったら、別に接客してるでもなくすんなり御対面。お久しぶりです、デミオ見せてください、と話はトントンと。ちょうど来週からDM発送しようとしていたところだったので、来られてびっくりしました、と言われました(笑) 以前、名古屋でも一度見ているのですが、見た目はともかく、後ろ半分は先代とほぼ同様。先代で、後席乗り降り時に頭上が気になる、となっていた部分は、ほとんど変わらず新型でもやっぱり気になります。そのあとオルガンペダルやらの一通りの説明を受けたら、すぐに「試乗してみますか」となったので、ハイハイ、こっちはそれが目的なんで、すぐにお願い。試乗車は、ディーゼルはまだ出回ってなく、ガソリンの標準車(13S)。と言っても、基本的に、エンジンとミッションと装備のバリエーションしかないので、事実上「これこそがデミオです」という、一番売れ筋になりそうな車です。

続きを読む "【M】新型デミオ、乗って来ました" »

2012/04/18

タイヤインプレのその後

やっぱり明らかにフワフワします。カタログのうたい文句「すっごい運転ラク!」ってのが、このフワフワする感じのこと?どうにも解せないのですが・・・
エンジニアらしく(苦笑)ちょっと考えて見たのですが、フワフワするということはダンピングが効いていない、ところがダンパーはちゃんと仕事をしていて、最初の入力に対し、ゆり戻しもなくちゃんと収束していくので、こういう問題じゃないと思います。おそらく、最初の入力に対する変位が大きくて、一瞬沈んだ感じがしてしまう、これをフワフワと感じているのかなぁ、と。であれば、タイヤのサイド剛性が低いのか、タイヤの空気圧が低いのか、バネが急にへたったか(ぶっちゃけありえない・・・)、自分の乏しい経験からすると、強く引き締めた足回りの場合、タイヤのサイド剛性が低いと、バネがほとんど動かなくてかえってゴツゴツする、というのがあるのですが、ということはタイヤの剛性が上がって、やっと足回りが仕事をするようになった、ということなのかしらん?(まぁ、だとすると、空気圧を上げるとこうなるはずですが、過去にそんなイメージはないしなぁ・・・)
だれか、この迷える子羊(オヤジですが)に良い智恵を!

2022年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ